インフォセックとビューローベリタスが海事産業サイバーセキュリティ事業で提携 セキュリティコンサルティングサービスを開始

プレスリリース

株式会社インフォセック(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:北風 二郎、以下インフォセック)とBureau Veritas Solutions Marine & Offshore(本社:Paris、Chief Executive for Japan山下 和夫、以下ビューローベリタス)は、海事産業分野におけるセキュリティコンサルティング事業での協業に関わる基本合意書(MOU)を締結いたしました。インフォセックは、この合意書締結により海事産業向けセキュリティコンサルティングサービスを開始いたします。

海事産業分野におけるサイバーリスクは、港湾や船舶システムのIT化、データ通信や外部接続の増加等に伴い拡大しており、今後普及が進む自動航行においても大きな脅威となっています。近年のサイバーリスクの高まりを受け、国際海事機関(IMO)は、各国船舶管理会社に対して、2021年1月以降最初の船舶適合年次審査までに、国際安全管理基準(ISM Code)の安全管理システム(SMS)にサイバーリスク管理を追加することを強く推奨しています。

このような海事産業を取り巻くサイバーセキュリティに対応するため、今回の提携を通じて両社は共同で、船舶および船舶管理会社に求めるサイバーセキュリティ対策のナレッジを提供し、船主、船舶管理会社、造船所及び関連舶用機器メーカーを対象としたサイバーリスク管理支援、および舶用機器向けセキュリティ要件の実装に関するサービス検討を進め、海事産業分野におけるセキュリティ対策の向上に寄与いたします。

●Bureau Veritas Marine & Offshore部門について (https://www.bureauveritas.jp/our-business/marine)

ビューローベリタスは1828年、世界最初の船級協会として発足しました。
現在はパリに本社を置くビューローベリタスの Marine & Offshore 部門として、世界140ヶ所に拠点を置き船級業務のみならずお客様に各種サービスを提供しております。日本国内では神戸・横浜を拠点に、「BV」あるいは「フランス船級協会」の名で既に60年以上、日本の海事産業とともに活動してきました。
高度な環境対応技術やデジタル化技術を提供し、お客様が社会の要請に応えながら安全な操業を継続できるよう支援致します。

●株式会社インフォセックについて (https://www.infosec.co.jp)

インフォセックは、NECグループの情報セキュリティ専門会社として、高い専門性を持ったセキュリティアナリストによるMSS(マネージドセキュリティサービス)、セキュリティコンサル、インシデントレスポンス等、お客様のセキュリティ対策を一気通貫でご支援します。お客様のさらなる成長と価値創造の基礎となる安心・安全なサイバー空間の実現のための情報セキュリティサービスを提供します。

●本件の報道関係者お問い合わせ先

ビューローベリタス Marine & Offshore部門
Tel:078-331-6425 (神戸事務所) 
E-mail:momoko.yamada@bureauveritas.com

株式会社インフォセック マーケティング部
Tel:03-6478-5978
E-mail:all_mktd@infosec.co.jp

最新情報