インフォセックの仕事と求める人物像

インフォセックの仕事

インフォセックの仕事は、情報セキュリティ・ITセキュリティの戦略立案から構築、設計、運用まで一貫して携わり、お客様の情報セキュリティにおけるリスクマネジメント強化のために最適なご支援をする仕事です。
情報セキュリティ・ITセキュリティの対策は、ネットワーク技術やシステム技術を駆使した強固なシステムづくりといった技術に関するもの、お客様の企業風土に適した組織体制・ルールづくりといったマネジメントに関するものとに大別できます。
ただし、実際には両者は密接に関連する部分もあるため、インフォセックで仕事をするに当たっては、常に両方に対する意識を持つ必要があります。

技術系の仕事

セキュリティが担保された情報システムを持ちたいと思うことは、ほとんどのCSO(企業のセキュリティ最高責任者)が願うことでしょう。
組織や業務を分析し、 Need to knowの原則でネットワークの構成を行い、権限外の不正アクセスを確実に監視できるシステムが一つの理想です。しかし、現実には費用や運用負荷の制約、拡張性の確保、あるいは管理上の限界から、理想とする情報システムとの乖離を運用でカバーしているのが現実です。
インフォセックでは、あるべき姿へのステップのうち、どの段階まで実現すべきかをお客様と議論し、必要なソリューションの追加や構成の高度化、あるいは、それらに伴う運用方針を立案するコンサルティングを行います。ここでは情報セキュリティ・ITセキュリティやネットワークに関する知識は当然のこととして、お客様の業界や業務に関する知識や理解力、そして、あるべき姿を思い描くための創造性と現時的な選択を推奨できるバランス感覚が問われます。

マネジメント系の仕事

最も上流工程の仕事は、リスクをどの程度システムで防御し、どの程度マネジメントでカバーするかなど、基本的な情報セキュリティ・ITセキュリティ方針の確立をご支援することから始まります。
このために、まずはお客様の業界や事業の特性、組織文化、取り扱う情報およびその情報資産の特性、業務の流れ、現場の対応状況、経営者や現場の人々の考え方をヒアリングし、更には最新の情報セキュリティ・ITセキュリティ対策の実装状況や対策のベストプラクティスを情報収集し、両者をもとに分析する能力が求められます。

インフォセックが求める人物像

インフォセックでは業務を遂行するにあたり、以下のような人物を募集します。

マインドセット

  • 好奇心を持ち続けること

    プロフェッショナルとして、情報セキュリティにおける最新のトレンドや技術的な知見を追い続ける好奇心が必要です。「なぜ?」という知的欲求は、質の良い情報を多角的に得る秘訣でもあり、コミュニケーションにおいても好奇心を持って話を聞くことが、自然と結論・メッセージに辿り着くストーリーを相手から引き出す秘訣にもなるからです。

  • 創造力があること

    問題解決には基本となるストーリーがあるものの、常に同じことを繰り返していれば良いわけではありません。成果を出し続けるためには、個々の状況を適時的確に把握して、最適な結論をゼロベースから創造力を用いて考えることが重要です。

  • 成果をあげることに対する
    強い意欲があること

    日々のプロジェクトを遂行するうえで重要なのは、成果を出すことに対して徹底的にこだわりぬくことです。現状のアウトプットの質に満足することなく継続的に向上し続ける姿勢、成果をあげることに対する強い意欲・こだわりが全ての付加価値における源泉です。

  • 自発性があること

    当社の社員はプロフェッショナルとして自らの専門領域を確立していくことが求められます。
    そのためには、常に先を見据えて自発的に動くことが求められます。能動的に考え、行動することが、プロフェッショナルとしてブレイクスルーするための近道です。

入社後につけてもらいたいスキル

コアとして必要な資質

スキルセット

入社後につけてもらいたいスキル

  • 様々な視点から深い思考ができること

    仕事を進める過程では、様々な視点で物事を深く考えることが求められます。お客様企業の状況を俯瞰してリスクマネジメント上の課題を考えるための経営の視点と、具体的な問題点を解決するための方策を1つ1つ着実に考え実行するための現場の視点を同時に持つことが重要です。マクロとミクロの両面でお客様企業の問題を解決することが、私たちプロフェッショナルに求められるスキルです。

  • コミュニケーション能力に長けていること

    プロジェクトの成果を最大にするために、個人プレーではなくチームとして総合力を発揮することが重要です。
    そのために、お客様を適切に巻き込み、プロジェクト内におけるコミュニケーションを円滑に行う必要があります。
    優れたコミュニケーション能力がプロジェクトの成功の秘訣です。

  • 文書作成能力があること

    プロジェクトの各フェーズにおいて、企画書・打合せ資料・規程雛形・報告書等、様々な文書をお客様に提出していきます。
    お客様に情報を的確に伝達し、プロジェクトの進行を円滑に行うためには、論理的で説得力のある資料を作成する能力が求められます。
    また、各種の規格・指針を適切に解釈して、正確に意図を記述する能力も必要となります。

  • IT・情報セキュリティ関連の資格
    (または同等の知識)を持っていること

    IT・情報セキュリティ関連の資格を持っていることは、仕事をするうえで必須ではありません。
    しかしながら、個人の能力の客観的な証明や、勉強を進めるうえでのマイルストーンとなり、資格を取得していることが、お客様にIT・情報セキュリティ領域のエキスパートとして認知しいただき、信頼感を与えることに繋がります。

スキルセット