InfoCIC MDRサービス

MDRサービスの背景

サイバー攻撃の高度化・巧妙化や、クラウド利用の普及、働き方の多様化により、従来の防御を中心としたセキュリティ対策では限界を迎えつつあります。マルウェアや脅威の侵入を防ぐ対策を追加したとしても、未知の脅威をはじめとした侵入を完全に防ぐことは困難です。

セキュリティインシデントによる被害の拡大を防ぐには、事前の予防だけではなく、侵入された後にいかに被害を最小化し、復旧するかという事後対処が重要になってきます。
実際、サイバーセキュリティ経営ガイドラインやNISTサイバーセキュリティフレームワークなどのガイドラインでも、事後対策の必要性が言及されており、経営課題としての実践が求められています。

しかし、インシデント対応を効果的に実現するためには、セキュリティに関する深い知見に加え、インシデント対応のノウハウ、そしてアラート情報に気付き、調査・対処できるための仕組みや体制の確保が必要です。

インフォセックでは、MDR(マネージドディテクションレスポンス)サービスとして、脅威の検知・分析に加えて、端末隔離といった対処からファストフォレンジックによる影響調査までを行うことで、お客様の運用負荷や、インシデント事後の作業・心理負荷を低減し、お客様の生産性やレジリエンスを高め誠実な企業イメージ形成の実現をご支援します。

インフォセックMDRサービスの特徴

EDR(エンドポイントディテクションレスポンス)製品のマネージドサービスに加え、UTM、IPS、クラウドセキュリティ製品等、エンドポイントからネットワーク、クラウドまで統合したマネージドセキュリティサービスを提供します。

インフォセックは、マネージドセキュリティサービスに加え、インシデント対応支援を事業として実施してきました。インシデントの対応に不可欠なフォレンジックに対する深い知識と豊富な実績を基に、インシデント事後の負荷低減や復旧の実現をご支援します。

セキュリティ監視の専門家が24時間365日対象セキュリティデバイスを監視。
脅威の検出と分析からインシデント対応まで、正確かつ迅速なセキュリティ運用の実現し、お客様の運用負荷を低減します。

関連するサービス

MDRサービス for Cortex XDR

エンドポイント/ネットワーク/クラウドの脅威に包括的に対処できるパロアルトネットワークス社のCortexXDRを活用したマネージドセキュリティサービスで、次世代ファイアウォールだけでなくエンドポイントも含め統合的なセキュリティ監視とIR対応を提供します。