統合ログ管理システム構築支援サービス

サービス概要

情報システムにおけるログの役割は、システムの障害発生の原因究明や 操作履歴と処理内容の記録等を目的としたものでした。最近はサイバーセキュリティ事件・事故の増加、法令の改正等により、ログの用途と重要性は拡大の一途を辿っています。

ログの管理・監視のシステムは、ログを取得、活用する理由や目的を明確にしたうえでシステムを設計し構築する必要があります。効率的なログ管理システムの実現には専門の知識とノウハウが必要です。

効果的かつ効率的にログを管理するための重要なポイント

  • 様々なログを一元的に安全に管理できること
  • 必要なログを必要なタイミングで利用、分析できること
  • 単一のログからでは発見できない事象を、複数のログを相関分析し発見できること
  • 様々なログを統合的に管理しシステム全体像を把握できること

統合ログ管理の活用

  • 内部統制
    IT全般統制、IT業務処理統制で求められる各種ログおよびレポート。
  • 内部不正検知
    内部不正の検知、および証跡・追跡としてのログおよびレポート。
  • 不正侵入検知
    情報システムに対する不正侵入の検知、証跡・追跡としてのログおよびレポート。
  • PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)
    セキュリティ基準に準拠する為のログ管理。

インフォセックは、これまで多くの統合ログ管理システムの構築・運用支援の経験をもとに、構築と運用の両面でお客様のご期待に応えるべく最善のご提案とご支援をしてまいります。