海外拠点/グローバルポリシー策定支援、翻訳サービス

海外拠点・現地法人への情報セキュリティガバナンスに適したポリシー策定を支援

サービス概要

情報セキュリティポリシーを海外拠点・現地法人に展開するために、グローバルに適用可能なポリシーの策定を支援します。

ご支援内容

  • グローバルポリシーの新規策定支援
  • 既存の国内向けポリシーの海外向け改訂支援
  • 情報セキュリティポリシーおよび関連文書の英訳サービス

特長

海外拠点・現地法人の情報セキュリティについてお困りではありませんか?

グローバルに事業を展開されている企業の多くで「国内のセキュリティ対策はようやく目処がついたが、海外拠点はほとんど手つかず」という声を聞きます。
国内の対策を海外に展開しようにも、日本とは環境・文化が異なる海外の拠点では「文書による義務づけ」が明確でない事柄は遵守されないこともしばしばです。
海外拠点のリスクコントロールは【セキュリティの義務内容を正確に】【海外拠点の従業員がみな理解できる自然な表現で規定】した英語版のポリシー文書を整備することが肝要です。

1. グローバルポリシー策定支援

インフォセックは、グローバル企業に対する豊富な情報セキュリティガバナンス支援実績を背景にもち、多くの知見・事例に基づいて、お客様に最適なグローバルポリシー策定を支援します。

【グローバルポリシーにおける留意事項例】

  • 国・地域による個別の法的制約(例:EUデータ保護指令、中国の暗号製品規制、など)
  • 国・地域による災害発生頻度やインフラ整備状況などの環境の違い
  • 文化・慣習の違いを考慮したポリシー
    (例:責任・義務の明確化、例外規定の拡大解釈防止、私物利用可否の方針、など)

2. 情報セキュリティポリシー翻訳

情報セキュリティポリシーや関連文書を「海外向けに英訳できる人員がいない」、「安価な翻訳会社を探して英訳させたら、ITやセキュリティの専門用語がめちゃくちゃなものが納品された」など、困った経験はありませんか?

海外拠点向けポリシー文書の整備は、ITセキュリティの専門会社を活用して品質の高い英訳文書を策定することをお勧めします。

【インフォセックの英訳サービスが高品質である理由】

  • 機械翻訳に頼らず、翻訳者1名および監修者1名のチェック体制により翻訳品質を確認
  • 英語圏での業務経験がありネイティブ相当の英語力をもつ、ITセキュリティの専門コンサルタントが担当
  • お客様の既存英語文書がある場合は、既存文書と用語・文章表現等を統一した英訳をする等のカスタマイズも可能

グローバルポリシーの策定のみ(英訳はお客様実施)や、情報セキュリティポリシーの翻訳のみのご支援も可能です。

サンプル

グローバル情報セキュリティポリシー目次サンプル(和/英)

グローバル情報セキュリティポリシー目次サンプル(和/英)