テレワークセキュリティ導入アセスメントサービス

総務省のテレワークセキュリティガイドラインに基づいたアセスメントにより、セキュリティ対策状況を可視化

サービス概要

【 テレワークセキュリティ導入アセスメントサービスとは 】

テレワークを導入する企業・組織が急拡大する中、テレワーク環境が狙われた不正アクセスやフィッシングメールにより、マルウェア感染や情報漏洩につながるセキュリティ事故も発生しており、セキュリティに課題意識を感じる企業や組織も増えています。

「テレワークセキュリティ導入アセスメントサービス」は、総務省のテレワークセキュリティガイドラインを基にしたアセスメントにより、お客様組織のセキュリティ対策状況を可視化するとともにカテゴリ別に想定されるリスクと実施推奨するセキュリティ対策をまとめたレポートをご提示。優先順位付けした今後のセキュリティ対策の実施をご支援します。

サービス概要イメージ図

サービスの特徴

テレワークセキュリティガイドラインをベースに、
優先順位をつけてセキュリティ対策状況を可視化

基本事項/推奨事項を設定したチェックリスト形式による20分類/55項目の質問で、対策が必要なポイントを可視化し優先順位付けの判断材料にできます。

お客様環境を踏まえた推奨対策の考察を提示

お客様のテレワーク環境(就業形態や対象範囲テレワーク端末の利用方法等)を踏まえてコンサルが推奨対策を提示します。

現状のセキュリティ対策状況を踏まえて、
お客様に適したテレワークパターンをご提示

リモートデスクトップ方式や仮想デスクトップ方式等、テレワークのパターンごとに現状のセキュリティ対策で対応可能かどうかをアドバイス致します。

【 対象とするお客様 】

テレワークを導入したもののセキュリティ対策状況に不安を抱えている、またはこれからテレワークを導入される企業・組織 等

アウトプットイメージ

セキュリティの対策状況を
カテゴリ別にスコアリング

アウトプットイメージ

カテゴリ別に想定されるリスクと実施を
推奨するセキュリティ対策をご提示

アウトプットイメージ

サービス提供フロー

  • アセスメントシートへの回答記入

  • 回答内容を基にアセスメント

  • レポート提出 
    -スコアリングレポート 
    -優先順位づけした推奨対策提示

サービス契約頂いてからレポートの提出まで、約1~2ヶ月の期間がかかります。

導入価格

20万円~