ソリューション開発ユニット
セキュリティエンジニア

社員インタビュー

社員インタビュー(セキュリティエンジニア)

プロフィール

前職はオンラインゲームのサーバ構築・運用。現在は24時間・365日の監視サービスを提供する「サイバーインテリジェンスセンター」に勤務し、ウイルス対策ソフトの最新版導入にあたっての事前検証などを担当している。

NECが運営する  サイバーセキュリティ・ファクトリー

セキュリティエンジニア

私の勤務先は、日本電気株式会社(NEC)が運営する「サイバーセキュリティ・ファクトリー」の中にあります。インフォセックでは、ファクトリーと一体になって、顧客のシステムや情報をサイバー攻撃から守る24時間・365日の監視サービス「InfoCIC」(インフォセック・サイバーインテリジェンスセンター)を提供し、マルウェア検出やネットワークセキュリティ監視などのサービスを行っています。また、実際に不正侵入が発生した場合は、フォレンジック――顧客のデータを保全し、ハードディスクなどの内容を解析する鑑識的な業務――も行います。この解析業務を行うのは、セキュリティ分野はもちろん、IT全般にわたる幅広い知識を身に付けた専門のアナリストです。

自身のキャリアアップも考え  セキュリティ分野を目指して転職

セキュリティエンジニア

センターの仕事の内容は、こうした監視・解析業務のほかに、顧客のセキュリティ機器などの構築や、センター内のサーバメンテナンスなどもあります。現在の私の仕事は、顧客のパソコンにウイルス対策ソフトの最新バージョンを展開する際、問い合わせ対応などに備えて事前の検証を行う作業が中心です。
私の前職は、オンラインゲームのサーバ構築・運用などを行う仕事でした。また、もともとネットワークには詳しく、CCNA・CCNPといった資格も持っていました。しかし、サーバやネットワークの仕事は経験さえ積めば誰でもできるのに比べ、セキュリティの仕事はより「専門家の仕事」というイメージが強く、自身のキャリアアップも考えてインフォセックに転職しました。

入口で戸惑うことはなかったが  専門知識の勉強は本人の努力次第

セキュリティは確かに専門性の高い分野ですが、導入は普通のネットワークの世界ですし、不正な攻撃への対処などにもネットワークの知識が必要なので、入口で戸惑うことはありませんでした。ただ、セキュリティの専門知識はほとんどが公開されておらず、ネット上で簡単に調べられるものではありません。その意味では難しい世界ですが、社内には勉強ができる環境があるので、あとは本人の努力次第ですね(笑)。今の職場は、皆さんあれこれと教えてくれますし、面倒見はいい方だと思います。また、このことはこの人が詳しいから聞いてみろ、といった具合に、各自が得意分野を生かした仕事のやり方をしていて、やはり専門分野を持っている人は強いと実感します。

将来は得意分野を生かしたい  技術力を磨きたい人にも向く仕事

前職ではエンドユーザーから遠い立場にいたのですが、ここに来てからは自社が提供するサービスに直接関わることができるので、自分のフィールドで仕事をしている実感があります。今後は、自分の得意分野を生かして、ネットワーク系のセキュリティに携わっていきたいですね。監視業務は複数人で行うので、最低限の協調性は必要ですが、個性の強い人もたくさんいます。むしろ必要なのは、何か課題にぶつかったとき、自分なりに考えて結論を出せる力だと思います。私たちの職場では、最初から周囲と相談して動くよりも、自分なりの結論をぶつけ合って前に進むことが多いからです。また、当然ながら技術力も重視されるので、自分の技術を磨きたい人にも向いていると思いますよ。

社員インタビュー