テレワーク活用推進のためのセキュリティ導入アセスメントサービスを開始

サービス

インフォセックは企業や組織がテレワークを活用するにあたりセキュリティ対策が十分に実施されているか把握するため、テレワークセキュリティ導入アセスメントサービスを開始します。

テレワークを導入する企業・組織が急拡大する中、テレワーク環境が狙われた不正アクセスやフィッシングメールにより、マルウェア感染や情報漏洩につながるセキュリティ事故も発生しており、セキュリティに課題意識を感じる企業や組織も増えています。

インフォセックは総務省のテレワークセキュリティガイドラインを基にしたアセスメントにより、お客様組織のセキュリティ対策状況を可視化するとともにカテゴリ別に想定されるリスクと実施推奨するセキュリティ対策をまとめたレポートをご提示します。優先順位付けした今後のセキュリティ対策の実施をご支援します。

【サービスの特徴】

・テレワークセキュリティガイドラインをベースにセキュリティ対策状況を可視化
・お客様環境を踏まえた推奨対策を提示
・現状のセキュリティ対策状況を踏まえて、お客様に適したテレワークパターンをご提示

【対象とするお客様】

テレワークを導入したもののセキュリティ対策状況に不安を抱えている、またはこれからテレワークを導入される企業・組織 等

【アウトプットイメージ】

z1_ra.gif【サービス提供フロー】

z2_ra.gif

【提供価格】

20万円~

【実施期間】

1~2ヶ月

【関連サービス】

テレワークセキュリティ導入アセスメントサービス

最新情報