Webサイトの改ざん被害が多発しています。 Webサイトの管理の再検討を!

2013/07/03
お知らせ

最近、さまざまな会社のWebサイトが改ざんされる報道が相次いでいます。
Web改ざん被害がこれからも連鎖的に続く恐れがありますので、緊急に対策することが求めらます。
 
2009年から2010年にかけて頻発した「ガンブラー」による改ざん被害は、パソコンの脆弱性の悪用に
よりウイルス感染し、クライアントパソコンからFTPアカウント情報を窃取されたことが原因でした。
 
しかし昨今の「Web改ざん」は、Webサーバーの弱点を攻撃してWeb改ざんを試みる手口が加わったことが特徴です。
 
Webサーバーで安易なFTPパスワードを設定していたために推測等でパスワードが破られたり、
Webサーバーの脆弱性が悪用されてサーバーに侵入されたりすることで、改ざんされてしまいます。
 
Webサイトが改ざんされてしまった場合、Webサイト管理者は被害者であると同時に、当該Webサイト
利用者に対しては加害者となってしまう可能性があります。感染被害の拡大を防ぐために、再度
Webサイトの管理方法について再検討を行い、対策を講じるようにしましょう!
 
IPA:2013年7月の呼びかけ
  「止まらないウェブ改ざん!」~ウェブサイトの管理の再検討を!~
 
■ Webサイト改ざん対策として、専任のアナリストが24時間体制でWebサイトの巡回監視し悪質な
マルウェアを早期に検出、具体的な対処策をアドバイスし、Webサイトの安定稼働をご支援する 
  【
InfoCIC Web感染型マルウェア検出サービス】が有効です。
 
  • <お問い合わせ先>
  • 株式会社インフォセック マーケティング担当
  • TEL:  Eメールでのお問い合わせはこちら

最新情報