セキュリティインシデントの対応を強化するためCSIRTを 設置し、InfoCICSIRTを立ち上げました

2011/10/14
お知らせ

インフォセックは、昨今のセキュリティインシデントを考慮し未然に防ぐ活動や事故が発生した際の対応を強化するため、組織内にCSIRTであるInfoCICSIRTを立ち上げました。また同時に、日本シーサート協議会(NCA)にも正式加盟いたしました。

近年のセキュリティインシデントは、Webサイトの改ざん及びマルウェア感染、企業や国家の運営するWebサイトへの妨害や攻撃などとても脅威です。

これらの問題をより解決していくには、これまでのセキュリティ対策だけではなく、専門性を持った体制が必要と判断しました。インフォセックはCSRITを設置し協議会の一員として、これまで以上に組織内及びお客様先でのセキュリティインシデントの防止や発生時の対処に役立つため尽力していきます。

■CSIRT(Computer Security Incident Response Team)

コンピュータセキュリティにかかるインシデントに対処するための組織の総称。

インシデント関連情報、脆弱性情報、攻撃予兆情報を常に収集、分析し、対応方針や手順の策定などの活動をしています。

日本シーサート協議会(NCA)

最新情報