インフォセックが、マクニカネットワークスの提供する VMware用仮想化セキュリティソリューション 「Altor」の販売を開始

2010/10/13
プレスリリース

2010年10月13日
株式会社インフォセック
マクニカネットワークス株式会社

三菱商事株式会社のグループ企業である、株式会社インフォセック(本社:東京都渋谷区恵比寿、代表取締役社長:西田 純隆、以下 インフォセック)は、クラウドコンピューティングに係るセキュリティソリューションとして、マクニカネットワークス株式会社(本社:横浜市港北区新横浜、代表取締役社長:宮袋 正啓、以下 マクニカネットワークス)と販売代理契約を締結し、同社が日本国内で販売権を持つ、米国Altor Networks, Inc.社(以下 アルターネットワークス社)のVMware用仮想化セキュリティソリューション「Altor」の販売を開始します。

企業においてはICT(情報通信技術)の有効活用による企業競争力の向上という命題に取り組みつつ、ICTコストの削減、ICT投資の抑制という命題にも取り組んでいます。企業活動を支える重要なツールである情報システムには、利用効率、運用効率の向上、そして環境(グリーンIT)に配慮したシステムが求められています。
そのような要求に対応するため、企業における仮想化技術の採用が急速に進んでいます。また、クラウドコンピューティングの広がりにより、それを支える基盤技術として仮想化技術が利用されています。

一方、システムの仮想化により、以下のように新たなセキュリティの課題が生じています。
● 仮想環境においては従来の物理ネットワークのセキュリティのようにバーチャルマシン(VM)間の通信を把握することができない。
● VM間の制御を適切に講じていない場合、1つのVMがマルウェアに感染した場合、他のVMを容易に侵害す   る恐れがある。
● ハイパーバイザーが乗っ取られることで、仮想化環境全体を不正に操作される恐れがある。
● 仮想化環境では、VMのクローンを簡単に作成することができるため、オリジナルのVMにルートキットなどが埋め込まれていた場合、不正なクローンを作成される恐れがある。
● VMは物理的に異なるマシンに容易に移動することが可能なため、盗聴、情報漏洩などの恐れがある。

上述のような問題の対策のため、仮想化されたシステムでは仮想化環境特有のアーキテクチャやシステム管理運用のオペレーションを考慮したセキュリティ対策が必要となります。

アルターネットワークス社のVMware専用の仮想化セキュリティソリューション「Altor」は、仮想化ファイアウォールとIDS機能、さらにアプリケーションポリシー違反の検知、制御機能を持っており、サーバの仮想化環境とデスクトップの仮想化環境に求められるセキュリティ機能を提供します。

■「Altor」の特徴
・VMwareのVMsafe認定取得
・エンタープライズグレードのファイアウォール機能
・侵入検知
・監査とレポーティング
・コンプライアンス
- セキュリティポリシーによるトラフィックの制限
- 新しくクローンとして作られたVMに自動的にセキュリティポリシーを適用
・コントロール
- VMに対するアクセスの制限
- ハイパーバイザーの保護
- 悪意のあるトラフィック拡散の抑制

■提供形態
ソフトウェア

株式会社インフォセックについて
インフォセックは、三菱商事株式会社100%出資のグループ企業です。リスクマネジメントのプロフェッショナルとして、最新のセキュリティ・IT関連技術・ツールを駆使した 「トータル・セキュリティ・ソリューション」を提供しています。

マクニカネットワークス株式会社について
マクニカネットワークスは、数多くの海外企業との提携により、最先端のテクノロジーを備えた様々なネットワーク機器・ソフトウェアなどを提供する技術商社です。その豊富なラインアップと、製品の導入から運用・保守サポートに至るまでの万全なサービスにより、官公庁や教育機関・一般企業など、数多くのお客様への導入実績を誇ります。

  • <ニュースリリースに関するお問い合わせ>
  • 株式会社インフォセック 営業本部 マーケティング担当
  • Eメールでのお問い合わせはこちら
  • TEL: 03-5423-8258 FAX: 03-5423-8256
  • マクニカネットワークス株式会社 広報担当 保田
  • E-mail:press@cs.macnica.net
  • TEL: 045-476-1960 FAX: 045-476-1970

最新情報