「Web感染型マルウェア対策コミュニティ」に インフォセックが参加します。

2010/03/02
プレスリリース

株式会社インフォセック(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 簡、以下「インフォセック」)は株式会社フォティーンフォティ技術研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鵜飼 裕司)および情報セキュリティ関連企業4社とともに『Web感染型マルウェア対策コミュニティ』に調査会員として参加し、Web感染型マルウェア対策方法検討や、被害状況調査などインターネットの健全化に寄与する活動を各社と協力し推進します。

インターネットが普及しあらゆる情報がWeb技術により構築されB2BのみならずB2Cビジネスにも多大な影響を与え、今後さらにインターネットが生活に密着したサービス提供の拠点となる可能性があります。
しかしながら、Web技術が進化し一般に定着するほど攻撃の対象になることは予見でき、最近ではGumblar(ガンブラー) に代表される「Web感染型マルウェア」が猛威を振るっています。

Web感染型マルウェアとは、Webページをブラウザで閲覧するだけで感染する仕組みを持つコンピューターウイルスであり、本ウイルスの脅威は、既存のインターネットを介したビジネスモデルだけではなく、Webサービスを有機的に接続するいわゆるクラウドサービスにおいても深刻なものとなる可能性があります。

マルウェアの脅威へ立ち向かい、解決に至ることは一企業の努力だけでは困難であると考えています。インフォセックは、インターネットの健全な利用を妨げ、今後の発展に悪影響を及ぼしかねないこれらの脅威に対して、最新の攻撃手法の分析や被害状況の共有を基にした対策情報の発信を行う『Web感染型マルウェア対策コミュニティ』の設立趣旨に賛同し、同コミュニティに参加します。積み重ねた知見と新たなネットワークを活かし、一般ユーザーと企業の対策推進への一助となる活動に貢献してまいります。

■フォティーンフォティ技術研究所ニュースリリースはこちら

  • <サービスに関するお問い合わせ>
  • 株式会社インフォセック 営業本部 渡
  • Eメールでのお問い合わせはこちら
  •  TEL: 03-5423-8258 FAX: 03-5423-8256
  • <報道機関お問い合わせ>
  • 株式会社インフォセック マーケティング部 佐藤、飯塚
  • Eメールでのお問い合わせはこちら
  • TEL: 03-5423-8253 FAX: 03-5423-8251

最新情報