当社コンサルタントが執筆協力した『パンデミックBCP構築ガイドブック』が日刊工業新聞社より発行されました。

2009/06/25
書籍・出版

当社コンサルタント(長井・松本)が執筆協力した書籍が日刊工業新聞社から発行されました。

「パンデミック BCP構築ガイドブック」
 新型インフルエンザ大流行!その時企業は何をなすべきなのか。

パンデミックBCP構築ガイドブック

著者:  石井延幸、長井健人、松本照吾
定価:  定価 1,260円(本体1,200円+消費税)
発行日: 2009/06/30
形態:  A5 (202ページ)
ISBN:  978-4-526-06292-6

・内容

新型インフルエンザ対策を謳った書籍の多くが、個々人の対応を中心とした感染予防処置の解説が主流でした。本書は企業経営全般の観点から、経営資源の再配分や経営者の意志決定など、全体最適を追求するうえで必要なBCPの構築手順を解説します。地震や大規模火災、停電など従来のBCPとは違うパンデミックを対象としたBCP策定のポイントをわかりやすく解説しています。

・目次

 はじめに
 CHAPTER1 新型インフルエンザの発生
  0  プロローグ ~発生そして感染~
  1  ケーススタディ各社の概況
  2  新型インフルエンザとはなにか
  3  企業はどのように対応すべきか
  4  新型インフルエンザの発生と各社の対応
  5  政府による業務の縮退
  6  エピローグ ~発生後2ヶ月を迎えて~
 CHAPTER2 パンデミック対応のフレームワーク
  1  なぜ継続性の維持なのか
  2  フェーズと被害の推移
  3  BCP構築の流れ
  4  BCPで守るべき要素〈対内的な視点〉
  5  対象業務の抽出
  6  BIA(Business Impact Analysis;業務影響度分析)
  7  BCPで守るべき要素〈対外的な視点〉
  8  「業務」
  9  「人」
  10 「財務」
  11 「情報」
  12 「モノ、設備」
 CHAPTER3 パンデミックBCPの整備
  1  パンデミックBCPの内容
  2  パンデミックBCP整備の進め方
  3  パンデミックBCPにおいて想定すべき事態
  4  パンデミックBCPの体制構築
  5  パンデミックBCPの基本方針と対象範囲
  6  事業継続の目標の確認
  7  パンデミックBCPのための業務分析
  8  新型インフルエンザの事業への影響分析
  9  対象整備計画の策定
  10 新型インフルエンザに対する事業継続のための対策
 参考資料:新型インフルエンザ対応体制チェックシート
 参考文献
 著者略歴

最新情報