「本当に大丈夫?スマホ業務利用の不安と現実」の事例のご紹介

去る2012年4月25日(水)、五反田の「ゆうぽうと」で開催された「KT-NETフェスタ 2012」で当社社員(セキュリティビジネス本部 本部長)菅原 文昭が「本当に大丈夫?スマホ業務利用の不安と現実」と題し、スマートフォンセキュリティプロジェクト支援において収集した最新情報、当社が支援をしたユーザー事例、提案事例等の講演をおこなった。

この日の天候は曇りで時折雨がぱらつく中ではあったが、約200名程収容できるホールは、 ほぼ満席状態であった。
今回のKT-NETフェスタのテーマは「スマホ・タブレットの本格普及期に備える!」~IT未開拓領域への参加(IT融合)も視野に~と題し、スマートフォン・タブレットのセキュリティトレンドを現場キーマンや研究者がセキュリティについての講演をおこなったもので、当社の菅原は昨今のスマートフォンの劇的な普及に対し、スマートフォンを業務で利用する際の様々な脅威や課題を紹介し、スマートフォン利用者が抱えている不安を解消する為のリスク対策などをご提案した。
また米国で起きたあるセキュリティベンダーが実施したスマートフォンをわざと紛失させた“おとり調査”の事例、実際に起きた海外出張でのスマートフォン紛失とその顛末などを紹介し、参加された方々は講演の内容について熱心にメモをとったり、興味深く耳を傾けておられた。

既にスマートフォンを導入している企業も多く、今後導入を検討されている企業の増加も見込まれるなか、スマートフォンの利用目的をきちんと定めたうえで、ある程度のリスクを取ることを前提としたセキュリティ対策の重要性を認識し、そこから想定されるリスク対策を考えなければならない、今回の講演は参加されたみなさまにとってご参考になったのではないかと思う。

■KT-NETについてはこちら

資料概要

  • ・スマートフォンを業務で利用する理由
  •  スマートフォンの業務利用の狙い・理由
  •  導入事例では「業務効率向上、クラウド活用」「ペーパーレス推進」に活用
  • ・スマートフォン業務利用の不安と現実
  •  スマートフォンを業務で利用するうえでの課題一覧
  •  こんなにある!スマートフォンの業務利用に対する不安
  •  不安に対する対策の現状
  • ・スマートフォンの情報セキュリティ対策状況
  •  現状のスマートフォンの情報セキュリティ対策 脅威別の対策一覧
  •  特性、管理的な脅威に対する傾向と対策
  •  ネットワーク利用・データ利用におけるリスクへの傾向と対策
  • ・スマートフォン情報セキュリティ対策の効果
  •  実際に事故が起こると・・・紛失おとり調査の結果はやはり・・
  •  事例から学ぶ スマートフォン紛失時のセキュリティ対策の効果(ケーススタディ)
  •  「スマートフォン紛失事故」の対策と現実のギャップ
  •  今後必要な対策は?
  • ・最後に
  •  利用者任せのセキュリティには限界が・・・
  •  限界を認識し、「リスク」を受け入れることも必要

■講演会資料のダウンロードはこちら